Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大規模サイクルロードNo.4 メイプル耶馬サイクリングロード
今日はパートナーと二人で、
耶馬溪のサイクリングロードに出かけてきました。
IMGP2368.jpg

2年前の大雨災害で壊されてしまったシンボリックな橋を含め、
今年の6月に全線が開通したそうです。
久住に通う道々、いつか渡ってみたいなあと思っていたこの橋を、
秋空の下、楽しんできました。
IMGP2373.jpg

パートナーの自転車は、サイクリングロードの中間点にある
「耶馬溪サイクリングターミナル」でお借りしました。
クロスバイクが置いてあって、3時間370円!
ありがたいことです。
IMGP2378.jpg
このメイプル耶馬サイクリングロードは、
昔の鉄道跡を利用しているため、
高低差があまりなく、
日ごろ乗り慣れない人でも十分楽しめるところです。
IMGP2390.jpg
途中の和菓子屋さんやパン屋さんに立ち寄って、
耶馬溪の味を楽しんできました。
日本一の8連橋と言われるオランダ橋。
こんな立派な橋があったなんて、知らなかった~!
marge002_20141004194810185.jpg
中津方面・青の洞門、オランダ橋を往復して22km。
今日はこれでちょうどいいと思っていたら、
日田方面の22kmも行ける!という合図で、
山国川沿いの秋を存分に堪能してきました。

IMGP2409.jpg
耶馬溪の一番は、やはり紅葉の時期。
車の渋滞を避けて、自転車で遊びに来ようかな。



スポンサーサイト
大規模サイクルロードNo.3 しまなみ海道
【Day1】
秋晴れの最高の週末!
今週末は、山友Morryさんと、
サイクリストの聖地・しまなみ海道サイクリングをしてまいりました!
3年ほど前にチャリダーQちゃんに連れて行ってもらったコースで
今回はMorryさんをご案内。
本格的チャリダーではないボクたちは、
グルメと船旅を楽しみにやってきました。
P1020629.jpg
ボクたちが住む街にも、関門海峡という大きな橋がかかっていて、
海峡、大橋というものにはとてもなじみがあります。
P1020637.jpg
しかし、こういう島々を渡り歩く楽しさは、
ここ瀬戸内海でしかできません。
marge002.jpg
行きは2/3の行程で宿泊まり。
2日目は今治に渡ったら、連絡船を乗り継いで、
楽々尾道に戻る計画。
途中にあるグルメは外せません!!
ブドウ・甘夏大福は絶品だった~!
はっさく大福が有名なお店ですが、
はっさくは10月からだって・・・。
P1020641_20140928181609c47.jpg
50㎞ほどのツーリングなので、ほどよい疲れで宿に到着。
お世話になるのは民宿「かぶらぎ」さん。
大きな鯛の塩焼き、鯛めし、お吸い物…。
もう箸が止まらないうまさでした。
これまた海の幸を満喫して、その夜は爆睡でした~!


【Day2】
次の日は朝早く宿を出て、
最後の大きな大きな来島海峡大橋を渡ります。
P1020644.jpg
このスケール、すごいですね~!
写真で表せないのが残念!
P1020651.jpg
自転車専用道をかっ飛んで、
最後は今治港から尾道への帰路につきました。
海好きなボクは、この島々をつないでいく船旅も楽しみの一つでしたが、
Morryさんは船が動き出した瞬間に安眠に・・・。

土生の街で、お好み焼き、尾道でラーメンをいただいて、
大満足の楽しい旅を終えることができました。
質素な山旅をするぼくたちに、
いつでも買える飲料水や、頼めば出てくる食事、
そして、快適な布団で寝る旅なんて、
ほんとに新鮮で贅沢の極みでした。
たまには、こういう旅もいいよね~!

大規模サイクルロードNo.1&2 佐賀環状自転車道&筑後川自転車道
海友SP3さんが自転車を手に入れた!
というので、今週は自転車を漕ぎに佐賀まで出かけてきました。

自転車には全く思い入れのないボクですが、
SP3さんという新しい仲間が加わったので、
もうちょっとちゃんと遊べるようにしたいと思い、
目標を立てることにしました!
それはサイクリングロードといわれるところをいろいろ漕ぎに行ってみるということ。
調べてみると、サイクリングロードと名のつくものは数えきれないくらいあるんですが、国土交通道路局というところが認定している大規模自転車道といわれるものがあるので、このリストを元に旅を計画することにしました。

【Day1】
初回はSP3さんちの近くの福岡西部。
佐賀環状自転車道というのがあったので、そこにしました。
ところが、サイクリングロードというのはマップが手に入らなくて、
漕いだ人がアップしてくれた地図を探し出すのがやっと。
どこをどう漕げばいいやら、さっぱりわからず現地に入りました。
案の定、最初は大きく道を外し、
行ったり来たりでどこを走っているのか、
さっぱりわからなくなる始末。
山の方がよっぽどわかりやすい・・・。
P1020497.jpg
なんとかたどり着いた「徐福サイクルロード」
P1020498.jpg
佐賀環状自転車道は、自転車道と名前がついていても、
専用道はこの徐福サイクルロードのみのようです。
こういうマップは観光課のHPとかで手に入らんのかなあ。
P1020500_20140629171935782.jpg
この道は桜並木のトンネルを通る気持ちのよい道でした。
桜が咲き誇る中を漕いでみたいですね~!
P1020501_20140629171929b7f.jpg
専用道は5㎞弱。
一周40㎞以上ある自転車道の中で1割程度です。
これからもっと自転車用に整備が進むことを願います。
P1020504_201406291728567d2.jpg
東の端に出ると、そこには河口にかかった大きな赤い橋。
福岡と佐賀をつなぐSLが走っていた線路跡で、
船の運行に合わせて上下する橋のようです。
P1020507.jpg
すご~い!
P1020510.jpg
森林公園をスタートして西から東へぐるりと一回り。
最後はバルーンフェスタが開かれる広大な河原の脇の細道を漕いで帰りました。
この川沿いの道は気持ちが良かったけど、
なんやかんやで、最終的に80㎞mも漕いでた~(@_@;)
もうクタクタの一日でした。

【Day2】
初日は車に戻ってきたのが夕方遅くだったので、
どこのキャンプ場にもチェックインできず、
適当な道の駅を見つけて夜を過ごしました。

以前しまなみ海道を走っていて50㎞くらいでひざを痛めたボクは、今回も気を付けていたのですが、ちょっと痛みが残ります。
次の日は漕げないかなあと思っていたのですが、平坦な道ならば大丈夫だろうと思い、
広い川沿いの道を走る「筑後川自転車道」に移動することにしました。
P1020518_201406291729179f5.jpg
ここは広い河原を車の心配なく走ることができるところで、コースも川沿いのみですからわかりやすい!
P1020522.jpg
福岡・佐賀を発展させてきたこの大きな川にはたくさんの水路があり、その水門はどれも個性的にアレンジされています。
P1020524_20140629172921483.jpg
ひざの痛みもほとんど感じられなかったので、調子に乗って、久留米のサイクリングセンターから終点の原鶴温泉まで来てしまいました。
P1020526.jpg
川沿いの道は気持ちがいいのですが、ただ黙々と走るだけになってしまうので、コースから外れて朝倉の三連水車を見に行きました。
きっとコースの脇にはいろいろ見て楽しめるところ、食べて楽しめるところがあると思うので、今度はそういう楽しみをしてみたいですね。

快調に進んで28㎞漕ぎ進んだ後は、向かい風に苦しめられる28㎞に変わりました。
ロードタイプのSP3さんの速度についていけず、最後はほんとにクタクタになってたどり着いた次第です。

自転車での遊びは、街の遊び<自転車<山・海の感じ。
もっとゆっくり、レジャーっぽく楽しみたいなあと思いますね。
次の自転車道は観光・グルメ旅にしたいぞ!



しまなみ海道・チャリツーリング(グルメの旅♪) 
 今週末は久々に広島に遠征しました。
高速道路休日割引のおかげで、ボクの行動範囲は、
片道200kmだったものが、350kmくらいに伸びています。
この割引もいつまで続くかはわかりませんので、使えるだけ使わせていただきます!


 今回は、冬が終わるとチャリダーに変身するquickturn.さんに案内してもらい、
瀬戸内海の『しまなみ海道』を横断するツーリングをしてきました。
ここは、日本屈指のサイクリングコースだそうです。
そんなところが初ツーリング!!
自転車はマッタクのど素人のワタクシですが、
持てない荷物を運んでくれたり、遅いペースに合わせて走ってくれたり、
Qちゃんにはお世話になりっぱなしの2日間でした。

P1010913.jpg 広島の出発地点から四国のゴール地点までは、
片道約80km!
(サイクリングコース自体は70kmほどだそうです)

もちろん、往復して帰ってきますので、
いろいろ寄り道もして全行程170km!!!


最高でも1回で25kmしか漕いだことがないので、ほんとに未知の領域でした。
アクシデントはありましたが、Qちゃんのサポートのおかげで完走です♪♪


【しまなみ海道の見所】

 金曜の夜、待ち合わせ場所の八幡P.A.で車中泊。
放射冷却のためか寒い朝でした。

P1010899.jpg Qちゃんと落ち合って向かったのは『びんご運動公園』の駐車場。
ここに車を止めて、ツーリングのスタートです!!
お天気は最高の青空!!


尾道という町は、何度も映画の舞台になるほどのステキな町です。
ボクも、この郷愁感あふれる町並みが好きなんですが、
なんと言っても、小型連絡船が行き来する海の文化は身近にはない新鮮さです。
スタートは、本土から『向島』への渡船からです♪
P1010900.jpgP1010904.jpg



 今回、Qちゃんには泊まりにお金をかけないで、
島々で味わえるグルメを堪能したいとお願いしておりましたので、
途中の島でキャンプをしながら横断する計画を立ててもらいました。
とはいえ、ボクは自転車用のキャリアを持っていないので、
ザックに背負えない荷物は持ってもらうことになります。
いつもより大目の負荷がかかって申し訳ない! 

 ツーリングコースで渡る橋は全部で6つ。
この橋という建造物は、ほんとに巨大なアートですね。
橋脚とワイヤーのみごとなバランス美には、ほんとに見とれてしまいます。
お天気もボクを歓迎してくれていることがわかります( ̄ー ̄)

美しい橋を通り、いくつもの海峡を越え、どんどん瀬戸内海の渡っていきます。
このしまなみ海道にサイクリングコースをつくろうと考えた人はすばらしいですね!!

P1010909.jpgP1010914.jpg

P1010926.jpgP1010928.jpg

P1010930.jpgP1010931.jpg

P1010936.jpgP1010958.jpg

P1010945.jpgP1010964.jpg

(写真には、渡らない橋も含まれています。あしからず♪)

 そして、しまなみのもう1つの良さは、優しい島の方々。
いろんなところで、道を尋ねたり店を教えてもらったり・・・
「いいところだから、またおいで~♪」と声をかけてもらったり。
とってもほのぼのと温かくなる2日間でした♪♪



【しまなみ海道のグルメ】

 今回はテントとシュラフだけを持って、食べるものは途中で調達しながらの旅です。
観光地としても有名なしまなみ海道ですので、産地のいろんな食べ物が待ち受けています。

P1010924.jpg今回立ち寄ったところはどこもおいしいものばかりだったんですが、
中でも、ジェラートの『ドルチェ』さん。
行きも帰りも寄りました♪
地元の柑橘類を使ったジェラートは絶品!!
おいしかったです~

P1010922.jpg おいしいおやつやデザートを目にすると、
写真に撮りたい気持ちもわかります。

Qちゃんは、いつものように?写真にパチリ♪
ブログ「52回の週末」はこのようにしてできるんですね~。

ボクは食べ物を写真に収めることはほとんどないのですが、
Qちゃんの真似してジェラートを写真に収めようと・・・
どうも遠近感が・・・
と思っていると、手にしていたジェラートが窓にベチョ!
ゲ~~~、ドルチェさん、ごめんなさい!!

P1010966.jpg 最終グルメは、本土に戻る前に向島でいただいたラーメン!!本などでは「タケ」と紹介されているお店を一生懸命探したのですが見つかりません。
新しい外観なので、ここに違いないと入ったお店は「シゲ」さん。
やはり店主さん?が変わったそうで、
このお店のことでした。
 ラーメンもチャーハンも絶品でしたわ!


 もう1つ、一生懸命「はっさく屋」さんという大福屋さんを探し回ったのですが、
お店の中にはたくさんの従業員の方がおられて、商品はなし・・・。
あまりいい対応もしていただけなかったので、もう立ち寄ることはないかも・・・。

 アナゴ丼・タコ飯・じゃこ天・塩ソフト・・・山ほどのグルメ、うまかった~~~!!

おっと、忘れてた!!
コロッケ好きのボクのために、行きも帰りも寄ってくれた『岡哲商店』
ビーフコロッケは最高じゃ~~~!!

んんん、ボクは瀬戸田の島だけで1日遊べそうだわ~♪



【キャンプ地】
 海道沿いの島には、いくつかキャンプ場が点在しています。
どのキャンプ場もすばらしいロケーションで、
美しい海を眺めながらのんびりできることでしょう。
P1010952.jpgP1010948.jpg

 Qちゃんが考えてくれていたのは、愛媛県側の「身近島」にある小さな浜のキャンプ場です。
手入れされた草地に、きれいなトイレと流し台のあるすてきなところでした。
 現在、藤棚の藤に毛虫がたくさんついていますので、駆除されるまではお気をつけて! 



さて、今回は自転車ツアーです。
舗装された道を走り、必要な時に必要なものが手に入れられる遊びですので、
ボクとしてはアウトドアカテゴリーには入らないのですが、
これはまさにスポーツ!!です。

今回は、50kmを過ぎたところで、軟弱な足にアクシデント!!
数年前の登山以来のちょうけいじん帯を痛めてしまいました。
ペダルを回すたびに激痛が走るので、
瀬戸内のど真ん中で漕げなくなる状況は困るな~と思っていたら、
別の症状のために持っていた鎮痛剤が効いて、なんとか漕ぎきることはできました。
自転車で使う筋肉がなくて、ひざに無理がかかっていたんでしょうねえ。

ひざが痛い以外に疲れた感じはマッタクなかったのですが、
テントに入ってシュラフに足を入れようとした瞬間、両太ももがつってしまいました。
こんなことは初めてです。
小さな負荷がたまりにたまっていたんですね~

いや~、自転車は、過酷なスポーツですわ。


P1010965.jpgP1010944.jpg

 橋々で端々に写真を撮ってくれるQちゃんに比べ、
ボクは終始後ろからついていくだけでしたので、ほとんど後姿しか写真を撮ってません。
今度は先頭もするからね~!
最高の2日間をありがとうでした~!

今度はすてきな女子も一緒にツーリングしようね♪



ご近所サイクリング 瀬戸内側の門司
 今日は予定もなく、山に行こうか海に出ようか、釣りにでも行こうか・・・
大潮だから貝掘りに行こうか・・・。

いろいろ考えたんだけど、のんびり自転車で近所の海岸線を漕いでみることにしました。
カヤックで漕いでいた海を、久しぶりに陸から見てみる新鮮さ。
なかなかいいですね~♪

 喜多久浜では海岸清掃が行われていました。
たくさんのシートやテーブルも並べられていたので、
今日はこれからマテ貝掘りでしょうね。

P1010804.jpgP1010806.jpg


門司から下関へ
 今日は、早朝は小雨がぱらつき、霞のかかった一日でした。
遠出をする気になれなかったので、今日は自転車で門司から下関まで行ってみることにしました。

 桜の名所、関門海峡の和布刈公園近くの桜は、
まだまだ3分咲きというところでしょうか。
P1010624.jpg

 関門大橋の真下に人と自転車用の海底トンネル入り口があり、
自転車は20円で通行することができます。
料金は下関側の料金箱へ投入するだけ。
 約1kmの海底トンネルを抜けると簡単に本州にたどり着きます。

P1010625.jpg

 九州に引っ越してきたときは、この関門海峡の近くに住んでいたので、
この辺りもよく散歩しました。
 お気に入りの場所です。

 
 shindy(♂)くんに教えてもらって新調したルイガノの29erも、
やっと陽の目を見る日がやってきました。
 大きいホイールで巡航速度が速い!?
 小1時間、気持ちよく漕いで、小春日和を満喫しました( ̄ー ̄)





 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。