Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シーカヤック・この夏の遠征
毎年恒例?夏のシーカヤックツーリングに出かけてきました。
今回、ご一緒してもらったのは、長年遊んでもらっているSP3さんとキタさんです。

みんな、年々、漕ぐ機会が減ってきているので、
なんとか予定を立てて海に出る機会をうかがっています。
今年の夏は、ボクが漕ぎたいと思っていた、長崎県平戸の海です。

【DAY1】
 初日、みんなより一足早く平戸入りしたボクは、
海岸線をドライブしながら漕ぐエリアをロケハンです。
途中、出会ったカヤッカーさんから根獅子の海がいいことを聞きました。
ここはボクも一度は来たいと思っていたところ。
初日の海は根獅子湾に決定です。
20160818-2100.jpg
どこまでも続く遠浅の海は、
白砂に照らされてエメラルドグリーンの美しい海でした!
20160818-2101.jpg
風もない穏やかな海だったので、
調子にのって生月大橋まで漕いできました。

2日目のテン泊は、生月島の御崎野営場。
夕陽がきれいな最高のテン場でした。
20160818-2103.jpg
20160818-2104.jpg


【DAY2】
穏やかな天候が続く予報だったので、
2日目に選んだのは、平戸の北の端、生月島の大バエ岬でした!

この日は大潮。
前日のロケハンでは、
御崎には大河のような潮の流れが確認できました。
こんな状況ではとても漕げないと思っていたのですが、
次の日は風も弱い予報なので、潮止まりの時間を狙って、
岬を目指すことにしました。
20160818-2102.jpg
生月島の潮俵の断崖。
厳しい海の様子を物語っています。
20160818-2105.jpg
しかし、次の日は朝から風のない、最高のコンディション!
満潮時刻に出艇して、岬を巡ることができました!
20160818-2106.jpg
大バエ灯台には朝早くから観光客の姿が見えます。
20160818-2107.jpg
前日は河になっていた鯨島にも近づき、
カヤックでないと味わえない体験をすることができました。
20160818-2108.jpg
もちろん、塩俵の断崖にも簡単に近づくことができました。
20160818-2110.jpg
海に出て気が付いたのですが、
テン場は塩俵の断崖の中にあったようです。
上陸後は、テン場でのんびりしながら、時々海に潜ってみたり。
透明度の高い、美しい海でした。
20160818-2111.jpg

【DAY3】
3日目はSP3さんがご家族孝行に戻ってしまい、キタさんと2人になりました。
2日も続いた穏やかな天候ですが、さすがに3日目からは風が出始めます。

3日目は平戸島の南の端を漕ごうと思って漁港で準備をしていたら、
地元の漁師さんが寄ってきて、この海域のことを教えてくれました。
生月島を漕ぐことができて調子に乗っていたボクたちでしたが、
そこよりももっと厳しい海域であることを教えてもらい、
島の中ほどにある千里が浜に移動してきました。

しかし、この日は強風で平戸の瀬戸は大荒れ。
残念ながらツーリングにはなりませんでした。
20160818-2112.jpg
20160818-2113.jpg

【DAY4】
そろそろ疲れが出てきたころですが、
キタさんは漕ぐ気満々!
風が出ていたので漕ぐ場所の選択に困りましたが、
選んだ場所を北九十九島。
ここならば風を避けて漕ぐことができるでしょう。
20160818-2114.jpg
美しい海ではありませんでしたが、
風のない、穏やか海で遊ぶことができました。
20160818-2115.jpg
大島にはカヤック用にデッキも設置されていて、
子どもたちも楽しめそうな海域でした。
20160818-2116.jpg

ロケハンの一日を合わせて5日間も遠征に出ていたため、
帰宅したとたんにバタンキュー!
朝までぐっすりでした。

楽しい海友との遠征ツーリングでした。
次の夏はどこへ行こうかな~!


スポンサーサイト
いつもの海へ・山口県萩市
カヤックに乗ると、毎年必ず行きたくなる海。

山口県萩市の姫島


今日は晴れて穏やかな予報だったので漕ぎに行ってみました。
穏やか過ぎるくらいの鏡面の水面。
水が入れ代わらないからあたたかい海水。
時間が早すぎて、青の洞窟にはならなかったけど、
今年漕いだどの海よりも透明度の高い美しい海にふれることができた。

2016080801.jpg
2016080803.jpg
2016080808.jpg
2016080815.jpg
2016080827.jpg

飲んで、登って、海に出て。
金曜の夜は、職場の若い連中と博多に繰り出して飲み!
あんみつ姫が最高に楽しかった!
とりあえず、今までの疲れは吹き飛んだよ。

翌朝はその足で久住に出かけ、とりあえず山頂詣で。
暑い時期は山から離れてるから、体が鈍ってるね~(^_^;)

そして、帰宅したら、海友キタさんとの待ち合わせ場所・佐賀関へ。
潮流の速い「速吸瀬戸」を間近に感じ、次への野望を抱く(^0_0^)
久しぶりのキタさんは、衰え知らずの6○才。
去年より漕ぐのが速くなったんじゃないの!?
ボクの体が鈍ってるだけ?
美しい佐賀関の海を、20kmほど堪能。
ここも開拓していきたいね~♪

金曜の夜から、睡眠時間○時間で500km以上の移動。
さすがに佐賀関からの帰り道はやばかった(@_@;)
仕事に少し余裕が出てきたので、夏真っ盛りのmoujiでした。

2016073100.jpg
2016073102.jpg
2016073107.jpg
2016073111.jpg
2016073112.jpg
2016073115.jpg
2016073116.jpg
2016073119.jpg
2016073122.jpg
2016073123.jpg
佐世保の海でキャンプツーリング!
昨年訪れてお気に入りとなった九十九島の高島に、
海友SP3さんとキャンプツーリングに出かけました。
お互い忙しい中時間を合わせたので、
島に渡ってキャンプをして帰るだけの時間になりましたが、
片道10㎞をガシガシ漕いで応えました~♪
20160723-24九十九島09
20160723-24九十九島12
20160723-24九十九島13
20160723-24九十九島20
20160723-24九十九島24
20160723-24九十九島26
20160723-24九十九島27
20160723-24九十九島29
20160723-24九十九島33
20160723-24九十九島43
20160723-24九十九島53
唐津シーカヤックTrip '16 summer
海友SP3さんと唐津の海を漕いだ2日間。
遅いシーズン入りでしたが、梅雨明けの海を満喫。
上陸後の、イカ焼きとアワビのうまいこと!
40.jpg
59.jpg
60.jpg
60-1.jpg
61.jpg
61-1.jpg
62.jpg
63.jpg
64.jpg
65.jpg
カミさんとタンデム
この連休は、カミさんと二人で南九十九島に行っておりました。
久しぶりにタンデム艇を出して、九十九島の海を楽しんできました。
99_seakayaktour.jpg
観光船も周るこの海域は島々に囲まれていて海が穏やかです。
慣れない人も楽しみやすいところで、
この日もレンタルカヤッカーやSUPの団体さんとすれ違いました。
その日は九十九島を囲む半島にある白浜キャンプ場で宿泊。
なんと真夜中の豪雨に見舞われ、
次の日の朝も隣のキャンパーのタープが飛ばされるほどの強風。
とても海に出られる状況ではありませんでした。
簡単に行ける…なんて言ったから、海の神様を怒らせたかな。

海散歩とたき火を楽しんだ、いいお休みでした。

南九十九島シーカヤックキャンプツーリング
海友SP3さんと、南九十九島の北側で1年ぶりのキャンプツーリング。

20150926-27_99islands_01.jpg
初めて訪れた高島では、地元のご家族がBBQ中。
そんな浜に乗り込んだおやじ二人におすそ分けをいただく始末。
強風で次の日の帰還が心配だったけれど、
「島のおばあちゃんがうちの大きい船に積んでいってやるよ!」
美しい海と青い空と人々の優しさ!
そして、キャンプの食事に色を添える夕陽!
すべてが贅沢な時間でした。
20150926-27_99islands_02.jpg

今回は初めての北九十九島を巡る予定にしていましたが、
27日はとにかく出艇場所に戻るだけでたいへんな向かい風。
ツーリングは早々とあきらめました。
本土最西端の地・神崎鼻公園から海を眺めると、
沖合は大きなうさぎの大群が暴れています。
青い空で最高の色をしている海ですが、
風が出ては何もできません。
楽しみはまた来年に取っておくことにします。

いいツーリングだった~!
でも、疲れた~~~!!!

夏の終わりの海
今日は海友キタさんと、数年ぶりに萩の姫島にやってきました。
美しい浜辺と岩肌の海岸線。
波打つ水も透き通ったお気に入りの海です。

2015082901.jpg
この海の透明度はどこにも負けてませんよ。
2015082902.jpg
モドロ岬付近も海食洞があって楽しめます。

2015082903.jpg
姫島の青の洞窟。
今日はあいにくの天気で輝き具合はイマイチ。
また来なくちゃね。

2015082904.jpg
美しい玉砂利の浜で休憩。
潜るのには水が冷たすぎて、
秋の訪れを感じました。

上陸後は久しぶりにGI Paddlersのネイコさんにお会いできました。
また、こっちの海に遊びに来ますね~♪

この夏は、昨年のうっ憤を晴らすかのように遊び過ぎました。
少し体も休めて、秋を迎えましょう。






2015 sea kayak trip in 隠岐の島 Vol.4 ~西ノ島・国賀海岸~
写真の整理もほぼ終わり、
浸っていた余韻も少しずつ覚めてきました。
夏はまだまだこれから!

隠岐の島のカヤックTripも完結。
次のアクティビティの準備もしなくては・・・。


《島内6日目》
本土では連日の猛暑のようでしたが、
島の夜は寒くて目が覚めるほどでした。
朝は露でテントもびしょ濡れ。
谷から吹き降りる風もなく、
今日は晴れるに違いない。

THE DAYです!

出艇予定の外浜海水浴場に到着。
風は爽やかで抜けるような青空。
20150802国賀海岸01
隠岐に来て初めてのベストコンディション。
そして、ボクたちにとってはここを漕ぐ最後のチャンスでした。
神様って、いるのかも~❗

国賀海岸往復で15kmほど。
でも、このコンディションなら、もっと楽しめるだろうと、
三度岬まで行くことにしました。
20150802国賀海岸02

時折突風が吹き付けることがあるので油断はできませんが、
波は穏やかでまさにカヤック日和♪
気持ちは高鳴ります((o( ̄ー ̄)o))
20150802国賀海岸03

岸の様子を確かめながら、一気に三度まで漕ぎ進め、
帰りは洞窟探検など楽しみながら帰ることにしました。
目的地までは約9km。
20150802国賀海岸05

向かい風ではありますが、いつもよりスピードが出ず、
昨日の疲れが残っているのかと感じられました。
いつ荒れ始めるかもわからないところなので、
景勝地を愛でるのも後回しにして、
とにかく前へ前へ、パドリング!
しかし、漕いでも漕いでも三度に着きません。

2時間後にやっとたどり着くことができました。
こんなに時間がかかるなんて、
これが対馬海流の力なんでしょう。
逆潮に一気に体力を消耗してしまいました。

20150802矢走0120150802矢走02
20150802矢走0320150802矢走04
矢走の二十六穴探検。

20150802国賀浜0120150802国賀浜02
20150802国賀浜0320150802国賀浜04
国賀浜の海岸線にはたくさんの海食洞。
20150802国賀浜05
ゆっくりゆっくり楽しんでまわりました。

20150802通天橋0120150802通天橋02
20150802通天橋0420150802通天橋05
一番の景勝地『通天橋』でのんびり休憩。
観光客はこの浜まで下りてくることができません。
カヤックだけのちょっとした優越感です。
20150802通天橋03

20150802摩天崖01
高さ257mの摩天崖の下も、
今日は風裏となってくれる頼もしい場所でした。

浜への帰還は、対馬海流の流れに乗って、
少し力を入れるだけで時速10kmを超えるほどの楽々ツーリング。
あっという間に戻ってくることができました。
念願の国賀海岸を漕ぐことができて、
予定通りのツアーを終えることができました。



20150802camp.jpg

隠岐の島最後の夜はちょっと贅沢にオートキャンプ場を使って、
汗や潮で汚れた体もピカピカ。
夜空も雲がない初めての夜で、
たくさんの星を楽しむこともできました。


《島内7日目》
フリー航送券の期限は1週間。ボクの休みも今日まで。
最後の最後まで島の生活を堪能することができました。
20150803帰り
本土へ帰るフェリーは3つ。
満足したボクたちは、一番早い便で戻ることにしました。

最後まで付き合ってくれたキタさんもお疲れのご様子。
そりゃそうです。お歳を聞いたらビックリですよ。
ありがとうございました。
また、どこかへ出掛けましょう!

贅沢なツアーも無事終了。
明日から仕事、がんばります!

20150728-0802隠岐の島ツーリングLOG





2015 sea kayak trip in 隠岐の島 Vol.3 ~知夫里島~
週末も、幸せなことに予定が入った。
夏なので、やっぱり水遊びが楽しい♪

昨夜もいつの間にか寝てしまい、
朝は珍しく寝坊してしまった!
といっても普通の人にしては早起きだと思うけど。
熱帯夜のせいか疲れが残っているせいか、
そろそろシャンとせんとね!

《島内5日目》
島に来て5日目の朝は、
島前南にある知夫里島で目を覚ましました。
一昨日、島内を車で巡って
地形やカヤッキングポイントをしっかりロケハンしておりました。
今日は、知夫赤壁をながめたら東側の海食洞を楽しむ予定です。

朝イチで確認した天気予報では、どれを見ても風がおさまる様子。
これは漕ぎ出すしかない!
と早朝から準備を始めました。
20150801赤壁01
風はそこそこ。向かい風はしんどいけど、
漕げないほどではありません。

うねりが残っているのですが、
先日陸から眺めた断崖絶壁の『赤壁』を目指すことにしました。
風はほどほどですが、うねりが気持ち悪い。
空はどんより曇っています。
20150801赤壁02
ウキウキ気分とは程遠い気持ちで漕ぎ出したところで、
すぐ横にシャークフィン発見( ̄□ ̄;)!!
サメが目の前にいる~!!(゜ロ゜ノ)ノ
種類がわかりませんが、はじめての経験で緊張感倍増!!
この岬を回れば『赤壁』が目の前に見える……
はずなのですが、うねりと風が複雑に絡み合って、
この岬を越えることがたいへん\(゜ロ\)(/ロ゜)/でした!
キタさんを待ってあげる余裕もないので、
とにかくチンしないでついてきてくださいと願いながら、
なんとかかんとか『赤壁』の前に到着。
止まっていると、砕けた波にいつひっくり返されるかわからないので、
写真を撮る余裕などほとんどないまま引き返すことにしました。
久々の緊張感でした( ̄∇ ̄)
20150801赤壁03

出艇地近くに戻ってきたら、
風も収まり、青空も見え始めました。
隠岐の島に来て、やっと楽しく漕げそうなコンディションになってきました。
20150801知夫里島01

20150801知夫里02

20150801大波加島01

20150801大波加島02

20150801知夫灯台下

島の東側はうねりもなく、岸にはたくさんの海食洞が見えます。
いくつも島を巡って、
やっとカヤックらしい楽しみ方ができました。
20150801竹島01

20150801竹島02

20150801竹島03

20150801竹島04

20150801竹島05

今日は風が落ちたので、
明日はうねりもなくなり、
国賀海岸を漕ぐことができるでしょう!
大きな期待を込めて再び西ノ島へ移動しました。

毎日、『フェリー島前』を使わせてもらいましたが、
これが最後です。
どうもありがとう!!!

そして、なんと耳浦キャンプ場で4泊目となりました。
おじさん、今日もお世話になります。

20150728-0802隠岐の島ツーリングLOG



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。